トリスマイカー

*

ドアロックの故障、アクチュエーターの修理

   

ドアロック
動きが鈍い、時々動かないなど車のドアロックの故障。よくある症状です。
原因はドアロックアクチュエーターの故障です。
アクチュエーターを新品で交換するとそれなりに高額な部品代になりますので、今回は汎用品を使用して交換より修理で直したいと思います。

中古品で交換という手もありますが、中古品だとすぐに故障する可能性が高いです。
汎用品の部品代は数百円~1000円前後ですので、お得に修理できます。

修理する車両はトヨタのファンカーゴの運転席のドアロックです。

使用する汎用品

汎用アクチュエーター今回この汎用ドアロックアクチュエーターを使用します。
本体と共に棒や固定する為のステーやネジなどセットです。

修理手順

内張り
内張りポケットまずはドアの内貼りを外します。
黄色丸枠の三角の部品を外します。
黄色四角枠のネジを4つ外します。

 

内張り中内貼りを外すとドアの内部が見えます。
ビニールで覆われてますので、作業しやすい範囲でめくります。

 

純正アクチュエーターこれが純正のアクチュエーターです。

汎用品の取り付け

汎用アクチュエーター2汎用品の取付をします。
取付ける場所を決めます。
空いているスペースに取付けますが、パワーウィンドウを下げると干渉する場合もありますので、色々と試行錯誤します。
取付けが容易な場所が良いですが、窓ガラスや配線、その他の部品などに干渉しない場所が絶対条件です。

 

ドリル取付位置に穴などが開いてない場合は、ドリルで穴を空けます。
他の部品などに損傷を与えないように良く考えてから実行します。

 

配線車体側から配線も取り出します。

 

取り付け1この様に取り付けましたが、窓ガラスを一番下まで下げた時に若干、干渉してしまうので取り付け場所を変更しました。

 

取り付け2①純正のドアロックの棒に汎用の棒を固定します。
平行に取り付けるのが理想ですが、取り付け場所により平行に出来ない場合は上記の様に汎用の棒を途中で少し曲げて平行にします。
②ドリルで穴を空けて汎用アクチュエーターを固定します。
③配線はバンドで綺麗にまとめます。

①~③は特に順番は気にしなくて良いです。
周りに干渉しないように、スムーズにドアロックが上下するように試行錯誤します。

取付完了後、ビニールを元に戻し内貼りを取り付けます。
全て終わったら今一度、動作の確認をして異常がなければ終了です。

まとめ&注意事項

とってもリーズナブルにドアロックアクチュエーターの修理が出来ました。
汎用品は様々な車種に使用できますが場合によっては取り付け場所が無くそれなりの加工を要する場合もあります。

また、汎用品が取付できない車両もありますので、すべての車に対応している訳ではありません。

 

12V専用 2本配線タイプ【子機/追加部品】汎用 アクチュエーター キット ドアロックモーターキーレスエントリー 集中ドアロック付き車用キーレスエントリーシステム アクチュエーターキーレス エントリー キット アンサー バック

価格:980円
(2015/7/15 16:18時点)

 - 自動車